本を読むことは、頭に入るだけだ。

頭に入って分かったと思っていても、何も解っていない。
読んでみた後、すごいことが解ったかの様に感じる分ほど、頭が先行する。

本の中に「人間はよろこびの表現体」と書いてあっても、
それはよろこびを「知る」だけであって、
よろこべる人間に成ったことではない。

「知る」と「成る」とは無限の差なり。

福永法源 ブログ