人はどんな時に涙を流すのでしょう?
理不尽な目にあった時、生まれつき不遇な環境に嘆いて、上手くいくと信じていたことが失敗に終わったから、失恋した時、信じていた人に裏切られたから、・・・長い人生にはたくさんの涙を流すことでしょう。

そしてそこから立ち直るには、誰かに悲しい胸の内を聞いてもらったり、慰めてもらったり、励ましてもらったりしても、それを100%消化することはできません。
自分で立ち上がるには、自分に起こったことを、自分の心で切り替えて、自分で吹っ切るしかないのです。たとえ状況は変えられなくても、この状況に悲しむことから抜け出して次に進もうと思うことがイチバンです。

そのためには、泣くだけ泣いて涙が枯れたら、涙を拭いて、立ち上がって歩き出しましょう。
涙を流した分だけ、強く、優しくなった新しい自分が待っています。

福永法源 ブログ