悩みの多くは過去と未来のこと

思い当たることはないでしょうか。人の持つ悩みというのは、たいてい過去のことや将来のことについての悩みや心配事です。
私自身も過去を振り返ってみると、失敗したこと、あやまち、もののはずみで不本意ながら間違いを犯してしまった、若気のいたりでつい気が大きくなって……等々、数え上げるときりがありません。
誰でも仕事の上で、勉学や進学に関して、また家庭内のことで悩みは山ほどあるに違いありません。悩みや心配事は人間の数だけある、いやその何十倍もあるといっても過言ではないでしょう。
どんなに立派な人であろうと、大成功を収めた人であろうと、必ず失敗や悩みはあったはずです。むしろ普通の人より多くの失敗や挫折を経験していると思います。しかし、失敗や悩みを恐れず勇気をもってチャレンジし続けたからこそ成功したのだと思います。
だから私たちは、過去の失敗についてクヨクヨ悩んだり、いつまでも後悔したりしている必要など少しもないのです。
第一、そんなことは自分にとってまったくプラスにはならないと悟るべきです。
先日もふれましたが、「願わず、求めず、たのまず」の姿勢で、過去の失敗をステップにして成功への足がかりをつかむ努力をただ「繰り返す」ことが大切なのです。

そうです。
あなたが「自分にはこれが足りないから、これをやるべきだ」と見いだしたことを、「ただ繰り返して」ほしいのです。
自分が全力を尽くしてやった仕事にしろ、不本意なことであろうと、また酒に酔った勢いや物のはずみでなどと理由はたくさんあろうとも、失敗は失敗です。
過去のことをクヨクヨ悩むのは時間を浪費し、現在(今)という最も大切な時間をつまらなくしていることになります。
将来のことについて余計な心配をし、思い煩うことなども、過去の失敗をいつまでも悔んでいるのと似ています。人間が将来のことを不安に思い心配するのは大昔から少しも変わっておらず、中国の故事にもあるとおり、杞の国の人が「天がくずれ落ちてきたらどうしよう」と心配で、毎日憂いてばかりいたことから紀憂という言葉ができたそうですが、どうにもならないことを心配するような取り越し苦労をしてもしかたがないのです。

声を大にして言います。
あなたにとって最も大切なのは「現在」なのです。
現在のあなたの姿が評価されるわけであって、その現在のあなた自身が「自分は幸福かどうか」を感じるのですから、あなたが今精いっぱい努力し、過去や未来の不安に取り付かれることなく生きていることが必要であり、大切なことなのです。
どんな仕事に従事しているかは問題ではありません。歯をくいしばって日夜努力するスポーツマンやサラリーマン、夜もろくに眠らず働くタレントやお母さんたちなど、現在を精いっぱい生きている人の姿は美しく誇らしげに見えます。

福永法源 ブログ