最高の出会いを手にするために

人生は、どういうわけか2種類の人に分かれます。
一つは、やることなすことうまくいき、毎日を満足しきった顔で送れる人と、もう一つは、苦労を重ねていてもさっぱり生活が向上しない人がいる、ということです。
私の見る限り、そのターニングポイントともいえる時期は結婚にあります。
つまり、繁栄した人生を送るのも、その反対の苦に満ちた人生を送るのも結婚しだいと断言してもいいくらいなのです。
私のところに寄せられた数々の相談のその根本をたどっていくと、共通点が明らかになってくるのです。
それは、結婚相手を間違ってしまったということなのです。
出会う相手さえ間違えなければ避けられたであろう問題を山ほど抱えて、家族全員が苦悩している様が、いまや日本中の、いえ世界中のあちこちで見受けられるからです。
それにしても、なぜこんなにも多くの人が出会いを間違ってしまうのでしょうか。どうすれば出会いを間違えることなく、最高の結婚を迎えることができるのでしょう。いにしえより言い伝えられてきた「赤い糸」というのはどこにあるのでしょうか。女性ばかりでなく、男性にとっても、それは人生における最重要課題なのです。
結論からいえば、一般的に赤い糸と言われるような最上の出会いをもたらす相手とは、必ずこの世に一人だけ存在しています。この人と結ばれさえすれば、繁栄一筋の人生を歩み、さらに子孫も永遠の繁栄を約束されるという出会いが必ずあるのです。
実際のところ、私が受けてきた相談の中でいちばん多いのが、いまの交際相手、あるいは、結婚相手が本当に赤い糸で結ばれた相手かどうか、ということです。「今お付き合いしている人とこのまま結婚していいのでしょうか」「今の結婚相手は本当に赤い糸で結ばれているのでしょうか」ということでみな迷っているのです。
結婚とは、当事者同士の問題では終わらない深い意味を持っています。家族はもちろん、これから続く子孫のために間違ってはならないのです。
しかし、最高の出会いを手にするためには条件があるのです。
これさえクリアすれば大丈夫という「出会いの法則」が存在します。
本当はみな出会える条件は持っているのに、その機会をみすみす自分から逃している人があまりにも多いと感じています。いい人に巡り会えないと悩んでいる人は、自分の中にある本当の力に気づいていないだけです。
私は日々、だれ一人として例外なく本物の出会いを手にして、繁栄の道を歩んでほしいと切に思っています。

福永法源 ブログ